スレッド No.234

ファンの作動点検 [ きし ] 2001.06.25 09:35 No.234
Re: ファンの作動点検 [ もとじ ] 2001.06.26 20:30 No.237
お大事に [ きし ] 2001.06.27 11:54 No.238
Re: ファンの作動点検 [ Josh ] 2001.06.28 02:01 No.244

[234] ファンの作動点検
投稿者名: きし
投稿日時: 2001年6月25日 09時35分
ECMのチップが届き(2ヵ月待ち)、交換後エンジンの回転は安定する様になりました。
ECMが正常になったのでDiagnosticで診断してみたところCode12でした。
それをそのまま信用する訳ではないですが、少し安心しました。

ところで、診断Codeを読み取り中、ファンが回っていたのですが
この診断はファンの作動点検も兼ねているのでしょうか?
回っていたのは運転席から見て左側だけでした。
右側が心配なので、ファンの作動点検方法が有ったら教えて下さい。

[237] Re: ファンの作動点検
投稿者名: もとじ (ホームページ)
投稿日時: 2001年6月26日 20時30分
> 右側が心配なので、ファンの作動点検方法が有ったら教えて下さい。

いちばん簡単な点検方法。
エンジンが冷えた状態で、A/Cのセレクターを"Norm"にしてアイドリングしてください。
通常ならば、冷却ファンおよび補助冷却ファンは、回りますよ。
動作を確認したら、A/CセレクターをOFFに、
エンジンが冷えた状態ならば、冷却ファンおよび補助冷却ファンは止まるはず。
また、イグニッションスイッチを切っても止まるはずです。

ちなみに89年のVIN-F,8の場合…工場出荷時の冷却ファンの作動の仕組
(冷却ファンの制御の仕組や設定値は、モデルに依存)

冷却ファンはECMによって制御されており、
ECMが、冷却ファンリレーをつなぐのは、水温センサーが106℃(222°)以上
を示しているとき、あるいは、A/Cヘッドプレッシャーが233PSI(1600kPa)以上
を示しており、車速が40mph以下のときです。

LB9、L98には、もう一つ補助冷却ファンがついており、
A/Cプレッシャースイッチと補助冷却ファンスイッチによってコントロールされ、
これらのスイッチで回路が閉ると、補助クーラントファンリレーが活性し
補助冷却ファンが回るという仕組です。
ちなみに、補助クーラントファンスイッチは、114℃(238°)で入るようになっています。
また、スイッチが閉じているときは、ECMのターミナルD11コネクターC2が
グラウンドされ、ECMに知らせています。

先週から熱が出てて、とうとう会社休みました。ちょっと熱っぽいので
僕にもクーラントファンがほしいです。もう寝ます。

[238] お大事に
投稿者名: きし
投稿日時: 2001年6月27日 11時54分
もとじさん
体調が悪いにも関わらず詳しく教えて頂き有り難うございました。
初歩的でむしろ間の抜けた質問だったかな… (^_^;ゞ
早速確かめてみます。

でも、コンプレッサーが焼き付いていてキーキーと凄い音がなるので
場所を選んでやらないと…(交換の為、来週入院です。)

[244] Re: ファンの作動点検
投稿者名: Josh
投稿日時: 2001年6月28日 02時01分
> ECMが正常になったのでDiagnosticで診断してみたところCode12でした。
> それをそのまま信用する訳ではないですが、少し安心しました。
この意味がちょっと?ですが、Code12は正常なので気にしなくて良いですよ。
このコードはトラブルコードではなく自己診断モードの表示です。


> ところで、診断Codeを読み取り中、ファンが回っていたのですが
プライマリーはECMがON/OFFします、自己診断中はONになります。
セカンダリーはもとじさんが詳しく説明してくださったので省略します。