Polishing Tail Lamp : Reported by Josh


まずは車から外してしまいます、この方が作業が楽ですから。
外す方法は内張りを外しテールランプを固定しているプラのタブのついたネジ(左右各5本)を外します。中央のプレートはテールランプを外せば簡単に外れます。
なおこの中央のカバーはGMはすでに生産してません、新品入手は困難なので今付いているのを壊さないように注意してください。(エンブレムは新品入手可能)

外したパーツはごらんの通り傷だらけ…
これはセンターのカバーですが大きな傷は爪で引っかいた跡のようです、リアハッチを開けるときに付いてしまったのでしょう。またキーシリンダー周りもキーによる傷が入ってしまってます。
ライト部分にも似たような傷が入ってしまってます。
その他にはいつのまにか付いてしまった傷です、車歴を考えると付いてしまっても仕方ないのですが。

傷を消すには磨く事になります。
バフ掛けがベストな方法でしょうが注意しないと作業による発熱でプラスティックに影響を与えてしまいます。
今回は手作業です。バフ掛けするにもツール類を持っていません、ですのでひたすら手で磨く事にします。(貧乏人には人力作業しか方法がない…)

今回使用したツール、材料は以下の通り

作業は目の粗いペーから初めて、ピカール、細めコンパウンド、液体コンパウンドの順番で磨いていきます。コンパウンドで磨くときにT-シャツを使います。
腕は疲れますがこの方法で地道に仕上げました。細かい傷は消えませんでしたが、それでも綺麗に仕上がりました。

なお今回は途中でいい加減疲れたので、カーワックスを塗るときに使うポリッシャーを使ってみました。
電動工具に取付けてコンパウンドを塗って磨いてみましたがそれなりに綺麗になりました。
注意する事はバフ掛けと同じで発熱です、この方法ではとにかく疲れることがないので楽チンでした。