1/24 Scale #24 DuPont 2004 Monte Carlo


シャシーの基本色を塗装したらこちらにも墨入れを行う。
ロールバーなどのシャシーと同色名パーツも同時に塗装しておくと効率が良い。



専用シンナーで薄めたエナメル系黒を塗った後

基本色の塗装、墨入れが終ったらパーツをどんどん組みつけていく。
パーツを接着する前は仮組みをしてパーツの合いに問題が無いことを確認しておこう。


墨入れが終ったシャシーにエンジンを載せたところ

各パーツの塗装は組説に従って進めるが、指示の無い箇所は気分で塗り分ける。
指示の無い箇所を調べるのも良いが気分で塗り分けても誰にも分からない、今回はフロアを走っている配管、配線は適当に塗装した。
ただしMSDはきちんと塗り分けた。
インパネも同様に適当、実はインパネのデザインが実車と違うようだ。
実車はドライバーに合わせてデザインされているので同じ車種でもメーター配置などが違う。
でも資料が無いのでそのまま。


とりあえず一部のロールバー以外の組み立てが終ったシャシー、この後タイヤはパーティングラインが醜いので電動ドリルとサンドペーパーで消した。



次はボディの組み立て。
まずは前面にサンドペーパーを掛けてプラ特有の「ウネリ」を消す、同時にパーティングラインも消しておく。
今回は更にボンネットとトランクに有るキャッチピンのモールドも消しておく。
このモールドの実感がイマイチなのと、これが有ると塗装が少し面倒になるからである。
キャッチピンは塗装後エッチングパーツを貼り付ける事にする。


ボディの下地処理が終ったら中性洗剤で洗う、これはボディに付いたごみや汚れを落とすためである。
十分乾燥させた後基本色を塗装する、今回は缶スプレーを使用した。
缶スプレーは一気に吹かず様子を見て少しずつ吹くのがコツ、また薄く数回に分けて吹き付けて色を乗せていこう。
初めて使う方は一度練習してからにしよう、ここで失敗すると精神的ダメージが大きい・・・
今回は行ってないが一般にはサフェーサーを吹いてから色を塗る、暗い成形色のボディーに明るい色を塗る時は必要で有るが、今回は白成形色に暗い色なので不要。


無事に塗装が終ったら最低でも1週間は乾燥させよう。
まお塗装時は画像のような空き缶等に両面テープで固定すると塗装が楽である。

つづく・・・