1LE Brake -4-


パーツの準備が出来たので取付開始!!

まずはP-バルブを入れ替える、この時マスターシリンダーは外す必要は無い。
フレアナットレンチを使って丁寧に作業しよう、そうしないとナットをナメテ泣きを見る・・・
P-バルブの入れ替えが終ったらマスターシリンダーのエア抜きを行っておく、この時車のリアをジャッキアップしてマスターシリンダーが水平になるようにしておくとエア抜きが楽。

フロントをジャッキアップしキャリパーを外す、ただしホースは外さずキャリパーは極力邪魔にならない所に置いておく。
ローターを外したらスピンドルとステアリングリンケージの接続を外す。
ロアアームをジャッキでサポートしてストラットとスピンドルを接続しているボルトを外す、このボルトを緩めるには結構力が必要なので、レンチにパイプを被せて使おう。
最後にスピンドルとロアアームの接続を外す、これでロアアームが車体から下ろせる。



右のローターが1LE用

組み立ては分解の逆で進めるが、まずはスピンドルにアダプタープレートを取り付ける。
スピンドルとロアアームを接続する、コッターピンを忘れないように注意しよう。
スピンドルとストラットを接続し、ステアリングリンケージを接続する、ここもコッターピンを忘れずに。
ローターをGMの指示通りに取り付け、キャリパーマウントを取り付ける。
キャリパーにホースを取り付け、キャリパーを取り付ける、その後車体側のホース接続部でホースを入れ替える。
全てのパーツの取付が終ったら、間違いや忘れ物が無いかを確認、その後リア、フロントとエア抜きを行う。

エア抜きが終ったらテストドライブ、ただしローター、パッドが新品の時はそれぞれに当たりがつくまで過度なブレーキは控えゆっくり走ろう。

1LE化するとフロントのオフセットが変わる、標準タイプより+8mmほど変わるようだ、純正以外のホイールを付けている人は注意しよう。
16インチの純正ホイールでは全く問題ない。



NEXT (1LE Brake Part5)