Strut Tower Brace


Strut Tower Braceはボディーの補強に有効です、私が選んだのはHotchkis Performance社製のものです。

このStrut Tower Braceはアッパーストラットにボルト止めをするタイプで、当然に穴を開ける加工が必要になります。

取付けは同封の取説にしたがって進めれば簡単に出来ます。実は取説を無くしてしまっているので正確な事は判りませんが、取付け時のポイントとして、タワーバーとスロットルボディーのクリアランスに注意してください。Firebirdはボンネットが低いため、ここに注意しないと、タワーバーがボンネットに干渉します。

タワーバーのマウントは事前に仮組をして位置を決定してください。この時、穴の位置にマークを付けると穴開けを失敗しません。穴を開けたら、断面に金属が露出しますので、適当なペイントで防錆処置を施しておきましょう。


○このボルト(奥のを含めて)の穴を開ける
○この部分でバーの高さをある程度は調整できます。

取付け後はボディー剛性が明らかに向上します。