Aluminum Driveshaft


プロペラシャフト(米国ではドライブシャフトと言う)のユニバーサルジョイントを変えようと思っていたのだが、私のペラシャは鉄製であった。
GM純正にアルミ製のペラシャがある、RPOコードで"JG1"がそれで、GTAには標準だったかな?
なので中古品のJG1シャフトを購入してユニバーサルジョイントを変えて使おうと思ったのだが・・・

入手した中古のJG1シャフトが気に入らなかったので、思い切ってアフターマーケット品を購入した。
購入したのはInland Empire Driveline製(P/N:CF8200)。

参考として各ペラシャの重量を測定したので掲載しておく。

 

重量

鉄製

約8.5kg

JG1

約5.4kg

CF8200

約4.6kg

交換作業自体は純正を外して入れ替えるだけなので簡単であるが、私の購入したペラシャはスプラインの部分に若干の錆が出ていたので、取付前に錆の除去を行った。