Cat Back Exhaust System Part2


作業場所が以前より広くなったので交換作業開始!!

購入してからずいぶん時間が過ぎてしまったが、忘れていた訳じゃないのです。
引越しやら車検やらで交換するタイミングを見失ってましたが、ようやく落ち着いてきたので作業開始です。

まずは今付けているエギゾーストを外すところから。
CVXは中間パイプが2本で構成されているが、どうせ接続部分は錆びて外れないだろうから、デフを目一杯下ろして後ろから抜くことにした。

具体的にはデフをジャッキでサポートした状態で右側のタイヤを外し、
・パンハードバー
・トラックバー
・スタビエンドリンク
・ロアアーム
・ショックの下側
・スプリング
を外して、ブレーキラインとサイドブレーキケーブルに注意しながらデフを下ろす。

マフラーをジャッキで支えて、フランジのボルトを外せばパイプは引き出せる。
確か純正も同じようにして外したような気がするけど、ずいぶん前のことなので記憶が曖昧…

せっかくなのでマフラーハンガーも新品に換えてしまおう。



Dynomax Performance P/N:35648



Dynomax Performance P/N:35475

上記新品パーツは自分で塗装してますのでご注意を。

取り付けは取説に従って進めればよいのだが、車に付ける前にいったん広い場所で仮組みをしてみよう。
中間パイプは2本のパイプで構成されているのだが、この接続箇所がフィットしない、結局パイプにディスクグラインダーで十字形に切込みを入れて対処した。
マフラーのアウトレットパイプ接続部分は逆にギャップが大きすぎるので、ここも十字形に切込みを入れた。
切込みを入れた部分にはバリが残るのでこれも綺麗に取り除く。
仮組みがOKになったら車に取り付けよう。
各ボルトは仮止めの状態で全体の位置決めを行うのがポイント。





Part3へ続く